1日1枚、情報カードを書いている

スポンサーリンク

1日1枚、情報カードを書いている。

情報カードというのは、下のようなB6型の紙カードだ。

以前に『知的生産の技術』という本を読んで、導入した。

1日1枚、情報カードを書いている

わたしは情報カードを、2年前から使い始めている。

何を書いているかというと、本の抜粋だ。

たまに「これは」と思う本でおもしろかったところを抜き書きしている。

もっと「数」が欲しいと思っていた。

かといって、手書きなのでなかなかの労力だ。

どうしたものかと考えていた。

最近自分の中で流行っている、「低すぎる目標を立てて達成する」作戦でいけるのではないかと気づいた。

そうして、「1日1枚だけ書く」というルーティンができあがったのだ。

しかも、綺麗に書こうとか間違えないように書こうなどということも考えていない。

自分さえ読めればいいのだ。

何のためかというと、知識をつくるためだ。

自分の知識になったものも書けばいいのだろうが、まだそこまで到達していない。

前にも思いつき、問いを書いていったのだが、まだ小さすぎて、役に立たない。

自分発の知識は、Scrapboxで作っていこうと思っている。

Scrapboxで複数のプロジェクトを立てた!

ちなみに今は、『ラッセル幸福論』の抜き書きをしている。

読みながら線を引いたところのうち、今読み返しても「おもしろい」と感じる箇所を写している。

カードは1枚1テーマであることが重要だ。(後々、他のカードと組み合わせて遊ぶため)

2019年が終わるころ、わたしは最低365枚のカードを手にしている。

「部品が365個ある」と考えるとワクワクするし、それが500個だったらもっと楽しい。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク