20180923の読書

スポンサーリンク

2018年9月23日の読書。

書きあぐねている人のための小説入門

書きあぐねている人のための小説入門』(保坂和志)は、最後の創作ノートの半分を残すのみ。

読了。

この創作ノートは、創作途中のメモではなく、事後の振り返り。

最近読んだ『季節の記憶』について、かなりのページ数が割かれていた。

何かをつくるということは、雲をつかむような話だ。

マニュアル然とした「小説の書き方」など、何の意味もないなあ。

というのが、本書を読んだ感想である。

サピエンス全史(上)

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』(ユヴァル・ノア・ハラリ)の続き。

今書こうとしてわかったのだが、「昨日読んだのはこういう内容の箇所だ」ということがすらすら出てこない。

本を開いてみた。

どうやら、「神話による社会の拡大」という章に突入したようである。

この『サピエンス全史』を読むとき、僕はどうしても「現代の私たち」みたいなものに寄せて考えてしまう。

たとえば「未来の懸念」という話。

自給自足の狩猟採集社会では、そのような長期的計画には自ずと限界があった。矛盾するようだが、そのおかげで狩猟採集民は多くの心配事を免れた。

これなどは、会社に属さぬ人は、余計なことを考える時間がないのだ、みたいな話に見えてきてしまう。

谷崎の文章読本

文章読本』(谷崎潤一郎)。あいかわらず、読み進めても以前に読んだときの記憶は蘇らない。

本書に関する記憶は、2012年途中まで住んでいた家の書棚に、三島、丸谷の文章読本と並んでいる様子だけだ。

たしか積ん読ではなく読み切ったはずであるが、当時の僕には内容よりも「持っている」ことのほうが重要だったのかもしれない。

今、「日本語の語彙は乏しいので、漢語や外来語に頼っているのだ」みたいなことが書かれているあたりを読んでいる。

小説家だけでなく、ライターとかブロガーとか、書くことを生業にする人で、谷崎、三島、丸谷を通過しない人などいない。

そう言い切れるくらいの内容だ。

小説修業

小説修業』(小島信夫、保坂和志)。

往復書簡(エッセイ)形式。

再読。

はっきり思い出せないのだが、当時は単行本で読んだのではないか。

この中公文庫版は、2008年に出たそうだが、僕が読んだのはもっと前な気がする。

ということは、これも10年以上ぶり。

読み始めた。

トルストイの話。

本書でトルストイの話が出てきたことは、全く記憶になかったが、頻繁に小島さんの『私の作家遍歴』が出てきたことは覚えていた。

当時絶版で、手に入らない本についてずっと話題にし続けることが、おもしろかった。

今は中古であれば入手可能になっているので、そのうち読んでみようと思う。

9/24の読書日記へ

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク