20181002の読書

スポンサーリンク

10月2日。

晴れた。

寝不足からか、不調。

読書は楽しんだ。

美濃

またもや、『美濃』だけを読んだ。

明確なストーリーもなく、いまいち内容も理解できない。

だが、読んでいる間、とても気持ちがよい。

癖になる。

この読書日記を始めるにあたり、小説の取り扱いが難しいかもしれないと思っていた。

小説は、直接知識を増やすための本ではない。

他の、例えば経済学の本であれば、昨日増えた知識について書くことができる。

では。小説は?

昨日読んだ箇所についての批評?

なかなか難しい。

けれど、今日これを書いて、大丈夫そうだということがわかった。

僕が書くべきは、「読書という経験」。

読んで感じたこと、考えたこと、この読書日記ブログを書きながら思い出したことを書いていけばいい。

今読んでいる『美濃』は、ブログに書くのがとても難しい。

だが、併読しているはずの他の本ではなく、こればかり読んでしまう魅力がある。

あと200ページも残っているので、それはまだまだ読み終わらなくてすむ(ずっと読める)ということだ。

幸せな読書だなあ。

10/3の読書日記へ

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク