残光、この人の閾(20181026の読書)

スポンサーリンク

10月26日。

昨日までの頭痛はすっかりおさまっていた。

そろそろ『残光』を読み終わるんじゃないかと思っていたのだが、そうならなかった。

夕方まで頭痛。

残光

残光』(小島信夫)も、終盤。

このブログを書くために、昨日読んだと思われるページを繰ってみた。

まったく覚えていない。

そして、唐突に「第三章」という表記があることを見つけた。

もはや、何が第三章なのかわからない。

ストーリーも何もあったものではないのだから。

しかもその第三章なるものは、保坂さんとのトーク云々という、今まで散々読んできたことの言い直しだったりする。

いや、厳密にいうと同じ話はほとんどないのだが、読んでいると、「また保坂さん……」と苦笑せざるをえないのだ。

この人の閾

朝と、昼と、歯医者の待ち時間で『残光』を読んで、最後15ページほどが残った。

歯医者から帰宅して、ぼんやりと小津安二郎の映画、『お茶漬の味』を見た。

そういえば、今年は映画をほとんど見ていない。

夕方から、101年倶楽部のシークレットイベントがあるので、再び出かける。

電車の中で読む本を考えた。

『残光』はすぐに読みきってしまうので、違うものにしたいところだ。

それでも、まったく違う毛色のものを読む気にはなれない。

そうだ、今こそ「保坂さん」の出番ではないか。

ということで、未読だった『この人の閾』を手にとり、新潮文庫のカバーを外して本棚に横にして置き、外出用のブックカバーをつけた。

電車の中で、読み始める。

ストーリーがないことで知られる保坂作品だが、「ああ、久しぶりに普通の小説を読んでいる気がする」と思った。

『残光』が強烈だったせいなのだろう。

同時に、普通などというものがないのに、勝手に普通を作り上げていることにも気づく。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク