2020年2月11日

スポンサーリンク

2020年2月11日

Macが欲しいので、買いに行こうと思う。
何でほしいのかというと、文章を書きたいからである
文章ならWindowsでも書けるのではないかと思うかもしれないが、そうではない。
快適さが全然違う
使えるアプリも全然違う
とにかく、必要な投資であると感じるわけである
ということで、買いに行ってみるのだ
ところで、どこで買うのが一番よいのだろうか
amazonで買うのもいいらしい
だが、今日欲しいので、ビックカメラにでも行ってこようか
ソワソワする
しかたない
退路を断って、とにかく書きまくるしかない
Mac Book Proを買ってきた。
ビックカメラで。
ついに、買ってしまった。
セットアップした。
もう後戻りはできない。
いちばん安いモデルにしたのが、せめてもの救いではあるが、それでもAppleCareを入れて18万円だ。
ブログで、稼げるのか。
本当に稼げるのか。
やるしかない。
わたしが書くべき内容は、何なのか
それは、お金のふやし方と知識のつくり方である
風呂に入った
書くしかない
とはいえ、わたしは何を書くのだろうか
そして、おもうままに書くというのは、雑ノートと何が違うのだろうか
書く行為は、読者の想定があります。
たとえ、日記のような個人的なものでも、もしかしたら誰かが見るかもしれないと思っています。
ブログなんて、もっとそう。
つねに、書いた時点で、読者の存在を意識しているのです。
雑ノートの読者というのは、第一義的には、わたし自身です。
そして、間違えて、というか、勝手に盗み読みする人です。
その人たちの目を意識して、書いているのです。
頭の中を吐き出しているだけだから、そんなことは考えていないと言うかもしれませんが、それは嘘です。
頭のどこかには、書かれた後のことがあるはずです。
うーむ。ブログ、何を使って書こうか。
Mars Editか?
しかし、前のバージョンの3から4にアップデートするには、3を持っていることを証明しないといけないらしい。
前のMacには入れない。どうしたものか
うーむ。
マーズエディット以外にするか、悔しいけど。
Marsedit4を、手違いで買ってしまった。
ダウンロードしてからアップロードするのかと思って入手するを押してしまって、おそらく新規に購入したことになっていると思われる。
まあ、書くためのツールにお金を使うのは、嫌ではないので、たいしたショックではない。
とはいえ、こういう感じで、意図せずお金がかかったけど、まあいいやみたいなのは、よくない。
わたしは、ここのところ、つまりはお金を使うところは、シビアにするのが良いと思っていて、なぜそうおもうかというと、わたしは自分を意志が弱い人間だと思っているからである。
というよりも、わたし以外の、たとえばあなたも、弱い。
だから、必要な投資はしたほうがいいけれど、「投資だからいい」というのは、安易である。
ということで、わたしは、これからも、ビビりながらお金を使おうと思っている。
ところでわたしは何を発信していったらよいのだろうか。
このMacBook Proを使って。
今考えているのは、「お金と知識のつくり方」である。
そういう話は、これまでまったくやる気にならなかったのだが、今、おそらく、人生ではじめて、ビジネスとしてやっていこうかと思っているのである。
このモードのときに、MacBook Airが使えないことがブレーキになっていたので、今回Macを買いに行ったわけである。
これで、毎日何かしら書いて出せるようになるかもしれない。


▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク