【振り返り】「ノートでする思考整理術」に参加してきた(2)

スポンサーリンク

こんにちは、いしざわです。

今回は、ブロガーあまかずさんの「ノートでする思考整理術」に参加した話の2回目。

思考を整理する必要はあるのか

リターンがあるかどうかはもちろん不確実でも、何かしら目的を持っていかなければそれは単なる消費。

僕にとって、「ノートでする思考整理術」への参加は「自己投資」です。

そう自信を持って言えるのは、こんな問いが立っていたから。

「思考を整理するのはいいことなのか」

今回の講座は、タイトルにもあるとおり、「思考整理術」。

あまかずさんのブログにも、

つい考え込んでしまう思考の「モヤモヤ」を解決します!

とあります。

つまり、モヤモヤは悪いもので、その状態は解決すべきだということですね。

僕は、その前提にとても興味がありました。

「解決しなければならないのは本当か」

と思ったのです。

僕は普段、手帳やノートを多用しています。

「元々それは、なんでだったけ?」と、自分の動機を振り返ってみました。

思い出してみるとそれは、

  • 経験とまなびを蓄積して、振り返りを楽しく行い、人生を楽しみまくるため
  • 次々にわいてくるアイデアを、企画に昇華させるため

でした。

前者は手帳や日記用ノートで行い、後者は案件ごとに最適なフォーマットを選択し、複数のアイデア用ノートで行なっています(日記用に書くこともある)。

例えば悩みは、前者に書かれるので、今回のあまかずさんの講座で扱うのは(僕でいう)前者のノートで行う作業のようです。

モヤモヤするために書いている

僕は、モヤモヤするためにノートを書いています。

なぜなら、モヤモヤの解決は、次なるモヤモヤを生んでくれるからです。

「よし、解決!スッキリした」という状態を、僕にはいいとは思えません。

それは、学ぶことから逃げる姿勢にすら思えてくるのです。

本を読むのも同じです。

課題を解決するためではなく、問いを立てるために読む。

「ノートでする思考整理術」の参加もその一環。

きっと、自分の常識と違う、あまかずさんならではの考え方に触れることで、新たな学びのチャンスがあるだろう。

そんな風に考えたんですね。

学ぶ行為だから、やっぱりそれは「自己投資」なのです。

自分と違うことを考えている人の話を聞いて、「ざわざわするから聞かない」みたいなのは、とてもいい手だと思います。

ノイズだらけだから。

でも、「さあ学ぼう」というときには、自ら違うところに出向くことが必要です。

「ん?わからないぞ」

「自分が習ってきたことと違うぞ」

という状況をいかにつくるか。

「モヤモヤしたい」僕は、「モヤモヤの解決しよう」と言うあまかずさんの考え方に触れることで、学ぼうと思いました。

そんなわけで、次回はいよいよ当日の話(笑)

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク