【振り返り】「ノートでする思考整理術」に参加してきた(3)

スポンサーリンク

こんにちは、いしざわです。

ブロガーあまかずさんの「ノートでする思考整理術」に参加した話。

あまかずさんブログ「あまかずさん@がんまらない

いよいよ講座当日の学びについて(笑)

構成

講座は2時間。

コンテンツは、次のとおり(表現はそのままではありません)。

  • あまかずさんが考える、「ノートに書くこと」
  • ノートでする思考整理術の説明
  • 上記を実際にやってみるワーク
  • 2時間、あっというまでした。

    楽しかったです。

    書くことはセラピーでもある

    僕は、講座参加にあたって、自分で問いを立てていました。

    モヤモヤしてはいけないのか。思考を整理する必要はあるのか

    です。

    そんな中、あまかずさんご自身の体験も交えた、書くことの効能についての説明を聞きました。

    「頭の中だけだと考えすぎて動けなくなったり、そもそもネガティブなことを考えてしまう」

    おお、なるほど!

    そうか。考えることではなく、考えすぎることによる問題を解決する話だったのですね。

    頭の中で考えるのは限界があるから、ノートに書こう、ということか。

    この点、「とはいえ、書くのも考えることだよなあ」と思いながら聞いていました。

    「書くことはセラピーでもある」

    おお、なるほど!(2回目)

    さすが、認知行動療法の知見も取り込んだというあまかずさん。

    僕にはない視点でした。

    そうか、たしかにメンタルが弱っている人にとっては、モヤモヤは敵なのかもしれない。

    僕は、少しだけ理解することができました。

    ノートでする

    そして、あまかずメソッドとも言うべき「ノートでする思考整理術」。

    僕は、この「する」という語感のおもしろさに惹かれて参加を決めた経緯があります。

    果たして、まさに「おもしろいなあ」と思う内容でした。

    詳細は割愛しますが、書き出し→論理思考・構造化→心の確認・行動計画の立案といったところでしょうか。

    問題を解決するという点において、あまかずさんの方法論は非常に勉強になりました。

    僕自身はどう問題と向き合っているかと考えたとき、具体的な方法はないなあと思いました。

    会社員時代はロジックツリーをしょっちゅう書いていた気がしますが、最近は全然。

    問題は、「問い」の形にして情報カードかEvernoteか日記ノートに1行書いて放置しています(笑)

    「なぜ僕は人の役に立たないのか」

    とかw

    やってみた!

    そんな僕なので、問題はあまり解決しないまま日々がすぎます(わ、開き直ったぞ、、、)

    今回、あまかずさんの方法をためすワークをやってみて、問題解決のヒントが見えました。

    101年倶楽部で開く、9/8の瞑想ワークショップを成功させるために、いくつかのハードルがある。そして、同時期のバーベキューも盛り上げたい。自分ひとりでは無理だ。みんなの力を貸してくださいと言おう。

    みたいな。

    書くことの効能の幅広さを知り、自分が最近、問題解決的なアプローチから遠ざかっていたことにも気づき、具体的な案件についても考えることができ、とても有意義な時間でした。

    また、参加前に散々考えた時間もよかったです。

    次回開催は未定のようですが、みなさんも機会があったらぜひ♪

    ▼ソレオ文学、発売中!

    ■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

    ▼いしざわの活動

    ■101年倶楽部、メンバー募集中!

    ■noteでも情報発信中!フォローしてね

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク