ブロガーとは何か。ブロガーになることにしたが、何かはわからない。

スポンサーリンク

突然、ブロガーになろうと思い立った。

ところで、「ブロガーとは何か」自体、ずいぶんと曖昧な話である。

今回は、そのあたりに関して最近考えたことと、やったこと、これからの活動について書いてみる。

ブロガーになろうと思い立ったきっかけ

「そうだ、ブロガーになろう」と思ったきっかけ。

と書いたものの、思い出せない。

雑ノート(わたしが書いている、なんでもノートみたいなもの)を開いてみた。

「ブロガー」という単語が、先週あたりから登場している。

何でなろうと思ったかは書かれていなかった。

しかし、文字を見ていたら思い出した。
(このあたりが手書きノートの良さかもしれない。)

わたしは、「来年あたりには、今よりもわかりやすい職業名がひとつ欲しいなあ」とぼんやり考えていたのだった。

それは、会社員になることでもいいし、そうでなくてもいい。

これは、なんというか、そういう気分なのである。

会社員も長くやっていたので、頑張ればできるのかもしれない。

でも、今のところ会社員としてやりたい仕事がない。

スタートアップみたいなものも、わたしが行きたい世界ではない。

うーむ。

と悩んでいたところ、「ブロガーというのはどうだろうか」と閃いた。

ブロガーとは何か

ところで、ブロガーブロガーとサラッと書いているが、ブロガーとは何なのだろうか。

コトバンクを見てみた。

ブログを公開している人の総称。(デジタル大辞泉)

とあった。

なるほど。

ブログを公開していれば、広義のブロガーには入りそうだ。

ということは、わたしもすでにブロガーだということになる。

上で書いたように、わたしは「ブロガーをしています」と言いたい。

しかし、今の「広義のブロガーではある」だと、それはあまり、説明になっていない。

もっと、仕事というと語弊があるけど、がっつり活動しているニュアンスにしたいところだ。

それには、単なるブロガーではない別の言葉が必要なのか、ブロガーはブロガーでいいのか、わからない。

わからないので、おいおい考えていくことにして、当面は「ブロガーになる」でいこうと思う。

ところで、仕事としてブログを書いている人は、どういうビジネスモデルなのだろうか。

収益源は、ネットや人の話を総合すると、こんな感じだろうか。

  • Google AdSense
  • アフィリエイト
  • ブログからの情報商材の販売
  • ブログからのセミナーの販売(申込)

ブログそのものが売れるわけではなく(有料のブログもあるのか?)、ブログを読んでくれた人に何かを買ってもらうことで収益を得るのが通常のようだ。

そのためには、上記収益源ごとに、必要な活動が変わってくる。

AdSense中心の人はとにかくPVが大事だし、アフィリエイト中心の人はセールスライティングが大事だ。

こういうことは、広義のブロガーは考える必要がない。

ただ、その日に思いついたことを書いていけばいい。

しかし、職業としてのブロガーを目指すのであれば(あ、「職業ブロガー」ということなのか。そうしようかな。その場合、「職業:職業ブロガー」は変なので、記入欄に「職業」と書いてあるときには「ブロガー」と書けばいい)、ターゲットやら提供価値を決めて、その中にメインの活動として「ブログを書く」を入れる必要がある。

事業としてやると、なかなかおもしろい。

『Google AdSense マネタイズの教科書』を読んだ

『Google AdSense マネタイズの教科書』という本を読んだ。

created by Rinker
¥2,035 (2019/10/15 22:38:05時点 Amazon調べ-詳細)

わたしのブログには、Google AdSenseを導入しているが、正直いってどうでもよかったというか、わたしはやはり広義のブロガーであったので、収益化のための活動などしたことがなかった。

本書は、タイトルにも「マネタイズの教科書」とあるとおり、本格的にやりたい人向けに書かれている。

目次

  1. 長期間アクセスが集まり続ける「テーマ」の選び方
  2. アクセス数を安定させる「SEO戦略」
  3. 読者にも検索エンジンにも好まれる「サイト構築法」
  4. 稼ぎ続けるための「AdSense」の運用方法
  5. 「オーソリティサイト」になって信頼と権威を積み重ねよう
  6. 10年先も安定して稼ぐために

非常にためになる本だった。

情報をどのように配置するか、その前に、サイトの構造をどのようにするか、という、設計の観点は、なるほどたしかに持っておく必要があるだろうと納得した。

肝心の(なのかどうかはわからないが)、具体的なアドセンスの貼り方が一番理解が難しかった。

その理由は単純で、やったことがないのでイメージしにくかっただけである。

今後、本書を片手に広告をいじっていけば、自然と習得できると思われる。

あ、そうそう。

「職業ブロガーいしざわ」としてのブログは、必ずしもこのブログを意味しない。

それも今後のビジョン次第だが、もしかしたら何らかのテーマに特化したブログを立ち上げるかもしれない。

ブロガーになるまでにやること

ここからは、タスクの話。

とりあえず、ブロガーになるまでに何をしなければいけないかを洗い出してみる。

  • アフィリエイトの本を読んでみる
  • ビジネスモデルをつくる
  • ブログを書く

大きくは、この3つを直近のタスクと考えている。

AdSenseの本は読んだので、今度はアフィリエイトの本を読み、ビジネスモデルのための材料を増やす。

その後、ビジネスモデルを描く。(ビジネスモデルキャンバスを作るくらいでとどめるか、事業計画書まで書くかは未定。そんなことをしないでとにかく書けという声が聞こえてくるが、わたしはそれは嘘だと思っている。企画力、構想力というあたりは自分の長所なので、それを活かさない手はない。むしろ、そこで差別化を決定づけたいくらいである)

そして、ビジネスモデル通りに、戦略的にブログを書きまくる。(どれくらい書くのかも、モデルによる気がしているので、記事数も未定)

おおよそ、こんなことを考えていて、2020年中には立ち上がっていたらいい。

今後もこの話の続きを書いていくので、ぜひ読んでいただければと思っている。

【この本、本当にためになったのでおすすめ】

created by Rinker
¥2,035 (2019/10/15 22:38:05時点 Amazon調べ-詳細)

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク