ライフログ、メモ、日記、振り返り、情報カードを書いている理由

スポンサーリンク

わたしは1日のうち、誰にも見せないものを書くのに、1日のうち1時間も2時間も使っている。

なんとなくよさそうだから書いている

誰にも見せないものをたくさん書いている。

  • ライフログ
  • つぶやきメモ
  • 日記
  • 振り返り
  • 情報カード

などなど。

Scrapboxで複数のプロジェクトを立てた!

楽しい。

意味は、ないかもしれない。

儲からない。

今すぐ見返りがあるわけでもない。

でも、続ける。

1日1枚、情報カードを書いている

わたしは、意味があること、役に立つことだけをやる文化を、つまらないと思う。

利益を得るためにやるのではなく、書くことそのものが楽しく、そして将来役に立つ「かもしれない」のでやっているのだ。

たとえば、ライフログ。

ライフログがあると、「過去の行動を振り返れて意味があるから」やるのではなく、ただ、なんとなくよさそうだと思って続けている。

それでいいのではないか。

「なんとなくよさそう」というのは、実は簡単ではないのだが、アンテナを立てていくことが重要だ。

ジブン手帳で、役に立つかもしれないライフログを記録し続けている

ジブン手帳のライフログと振り返りで、自分について詳しくなってきた

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク