ドカベン、プロ2年目へ

スポンサーリンク

ドカベンプロ野球編を9巻まで読んだ。

初めて読んだときには、おそらく8巻まででやめたので、ここからは未知の内容だ。

驚いたことに、まったく退屈していない。

おもしろい。

そして、1シーズンが思ったより早く終わる(オールスター戦が占める割合が多い)のが特徴的だ。

岩鬼正美が、プロ1年目から通用しているのは驚きだし、里中智が苦しんでいるのもリアリティがある。

微笑三太郎は、リーグが違うためか、いまいち活躍の度合いがわからない。

ただ、1年目にゴールデングラブ賞をとったようなので、高卒ルーキーで巨人のレギュラーをとったことになる。

すごいことだ。

すごいのに、1年目からホームラン王争いをしている山田と岩鬼がすごすぎて、麻痺してしまう。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク