手帳で人生を記録する!単なるログでなく、記録を蓄積しよう

スポンサーリンク

ライフログ。

ここ数年、よく聞く言葉ですね。

スマホのアプリや、紙の手帳を使ってライフログをつけている人も多いでしょう。

今回は、手帳でライフログをつけるとき、「単なるログでなく、記録を蓄積しよう」という話です。

ライフログとは

まずは、ライフログという言葉の意味を確認しましょう。

日本国語大辞典には、「ライフログ」の項はありませんでした。

日本大百科全書(ニッポニカ)にありました。

個人の生活(life)をデジタルデータで記録する(log)こと、また、デジタルデータとして蓄積される個人の行動や活動情報の履歴そのものもさす。ウェブサイトの閲覧履歴、電子商取引での購買・決済履歴、携帯端末の全地球測位システム(GPS)により把握される位置情報、携帯電話やデジタルカメラなどで撮影された写真や動画、音楽や映像のダウンロード・再生履歴、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)への投稿やその利用履歴、IC乗車券を利用した場合の乗車履歴など、あらゆる個人情報が含まれる。(以下略)

とのこと。

現代用語の基礎知識2017では、

人の行動をデジタル的に記録に残し、検索できるようにすること。

まとめると、「ライフログは、『デジタルデータで残す、行動の履歴のこと』のようです。

論点の一つ目が「デジタル」、二つ目が「行動の履歴」です。

それぞれについて、考えてみましょう。

まずは、デジタル。

デジタルではなくても「ライフログ」という言葉が使われている例があります。

昨年発売された、「EDiT 大人のライフログ手帳」です。
おもしろいコンセプトですねえ、これ。

終活用なんですね(笑)

この商品は、デジタルデータではありません。

紙です。

僕が使っている「ジブン手帳」も、ライフログ手帳と呼ばれていますが、紙です。

巷で使われている意味では、デジタルデータでなくてはいけないという縛りは、なさそうです。

続いて、「行動の履歴」であるという点。

デジタル大辞泉では、

人の生活のようすをデジタルデータとして記録すること。さまざまな行動や体験、思考などの個人の生活の記録を、系統的・長期的に保存しておくこと。

です。

「体験」とか「思考」が入っていますね。

この論点も、「行動履歴以外はライフログとは呼ばない」という感じではないことが分かりました。

結論として、ライフログとは「主として『デジタルデータで残す、行動の履歴のこと』を指すが、中には紙で残すものや、行動以外に思考を含める場合もある」といったところでしょうか。

ログと記録の違い

ところで、「ライフ」は「人生」だとして、「ログ」はどういう意味なんでしょうか。

調べてみましょう。

日本国語大辞典:

(1)船の速さ、または航走距離を測定する器械。測程器。

(2)航海日誌。航空日誌。

(3)コンピュータシステムの操作記録。また、パソコン通信における通信内容の記録。

なるほど。

ついでに、「航海日誌」も見ておきましょうか。

航海日誌:

船の運航状況を記録する日誌。航行中、停泊中にかかわりなく、出入港、船位、気象、海象の要素、事故などを一定の様式で記載する。入港の際、官庁に提出し検閲を受ける。

「一定の様式で記載」というところがポイントですね。

ここまで見て、「ログは『履歴』のことである」と言えそうです。

手帳に残すのは履歴だけでは足りない

ここからは、「手帳でライフログを残す」ことについて考えてみます。

皆さんが手帳に残しているのは、本当にライフログなのでしょうか。

先ほどまでの定義、「主に行動の履歴」をライフログとして考えていきましょう。

「何時から何時まで、誰々と会った」

これは、ライフログですね。

「今日わかったことは、これこれだ」

こういう、日記のようなものは、狭義のライフログに含まれません。

ご飯を食べたことはライフログですが、ご飯の間ずっと幸せだったことはライフログではありません。

狭義のライフログ、紙の手帳より、スマホアプリの方がいいですね(笑)

「履歴」だけなら手帳よりアプリの方がいい!!!

それでは、手帳に残すのは何なのでしょうか。

で履歴だけでなく、何を残すべきなのでしょうか。

それは、「記録」です。

記録は、

(1)のちのちまで残す必要のある事柄を書きしるしたり、映像や録音で残したりすること。また、その書きしるしたり、録音・録画したりしたもの。特に史料としての日記や書類など。ドキュメント。

(日本国語大辞典)

なんとなく、履歴との違いがわかりますよね。

つまり、

ログは定型の日誌とか操作記録みたいな、無機質なもの。

記録は、後で読んでおもしろいやつです笑

EDiTは履歴でしょうか、記録でしょうか。

記録ですね。

ジブン手帳はどうでしょうか。

バーチカル部分(縦に時間が書いてある部分)は履歴で、一言日記やメモページは記録です。

一般的なライフログは、その名の通り「ログ」

その観点で見ると、ライフログアプリみたいなものは、その名の通り、ほとんどログですね。

アプリでは、何時何分に何をしていたか、が正確にわかります。

そして、集計をしてくれるでしょう。

推移や、先月との比較もできたりしますね。

アプリって、とても優秀です。

僕には使いこなせないけど、中にはフル活用しているすごい人たちもいます。

繰り返しになりますが、「ログを取るならスマホがおすすめ」です。

記録には手帳がいい

反対に、「記録をするなら紙の手帳を使おう」ということも言いたいです。

記録は、後で見返すものです。

受け手は、未来の自分です。

気持ちを手書きの文字で書け、綺麗に書いている日もあればなぐり書きの日もあります。

簡単なイラストも描けます。

同じページに、「配置を考えながら」チケットやレシートも貼れます。

もちろん写真も。

データとして計算するものはスマホの方が優れていますが、紙面、誌面という感覚は手書きが上です。

Apple Pencilのような、デジタルでの手書きも進化していますが、まだまだ自由度が低いので、引き続きアナログとデジタルのハイブリッドが有効ですね。

今回のポイント

ログは履歴である

履歴にはスマホアプリがいい

手帳には履歴でなく記録を残そう

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク