昔のブログを読み返してわかったこと

スポンサーリンク

こんにちは、いしざわです。

先週末、旧ブログ「それおもしろいね」の記事を全て読み返しました。

これまでも、いくつか拾い読みしたり、重要な記事は何度も読んでいました。

でも、「全記事を読む」というのは初めてです。

なぜブログを書くか

最近、こんな問いが立ちました。

「僕にとって、ブログとは何なのだろう」

これから現ブログ「ソレオ思想」を更新していくにあたって、ずっと考えていくことです。

答えは、ないかもしれません。

でも、それを問い続けることが自己成長につながりそうです。

小説家が「小説とは何か」を一生考え続けるのと同じで、ブログを書く人も「ブログとは何か」を考え続けることが、文章を豊かにするはずです。

「それおもしろいね」を読んでわかったこと

4年弱にわたって書いた「それおもしろいね」。

今回の読み返し企画で、僕は「それおもしろいね」を通じて自分が何をしていたのかを理解しました。

4年間、「自分は誰なのか」を探っていたのです。

「それおもしろいね」は、「好きかもしれないもの」、「楽しいかもしれないこと」についてブログを書くことで、自分が何を考え、何を好み、何を望んでいるのかが少しずつ明らかになっていく軌跡。

結果、僕は会社を辞めることになり、トレーダーに戻りました。

それでも僕は学びをとめることにはならず、「どうすれば、自分が楽しいだけでなく、人の役に立つのだろうか」という追加の問いが立ったところで「それおもしろいね」の役目は終わり、現ブログに移行したのです。

それにしても、会社員時代のブログはつまらなかったなあ。(頭の大半を会社の仕事に使っていたので、それはそれでいいことですが)

関連:自分のブログを読み返しています!つまらないです(笑)

「情報発信」を意識しはじめた2015年6月、それまで会社の仕事に使っていた頭もブログに配分してみようと思った2017年12月。大きなレベルアップはその2回でした。まとめて読み直したからこそ気づけました。

ソレオ思想

「引き続き『それおもしろいね』に書けばいいのに」という意見もあるかもしれません。

特に、ブロガーの人はそう思うでしょう。

せっかく記事がたまっているのだから、と。

だけど、僕にとってブログは、どうやら「作品」のようなもののようです。

違う作品なら、違う本に書かれた方がいい。

だから、アクセス数など二の次で、僕はこれから、ブログ「ソレオ思想」を書き続けようと思います。

ソレオ思想は、「人の役に立つため」ではなく、「自分が楽しいと思うことを書き、結果として人の役に立つかもしれない」というスタンスで行こうと思います♪

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク