お金を増やすために必要なのは、つながりでも最先端でもありません

スポンサーリンク

こんにちは、いしざわです。

9/13(木)の夜、新宿で「投資脳家計簿」の講座をやります。

そんなわけでお金について考えているので、関連する話をいくつか。

つながりという商品

つながりが重視されていますよね。

だから、つながりは商品になっています。

商品になっているということは、頑張って売る人がいるわけなので、無防備だと買ってしまうわけですよ。

本当はいらなくても、です。

僕たちは、無駄遣いと認識する範囲を、形のないものに拡大する必要がありそうですねえ。

つくらないと儲からない

新しいアプリとかサービスを利用すると、さも自分が最先端なような気がしてきますよね。

ウーバーとかエアビーとかクラファンとかポルカとか、そういうやつ。

でも、利用者ばかりやってたらお金減るだけなんですよ。

だって、お客さんじゃないですか。

お客さんって、お金払いますよね。

無料でも、「今からは有料です」って言われたら払うしかない。

あ、ちなみに、こういった現象には名前がついています。

「経済成長」です。

だから、「自分がつくっているもの」があったうえで、その利益で何かのサービスを「使う、利用する」という構造にしないかぎり、費用が上がり続けてしまいますよ!

……みたいな話をたくさんします。興味ある方、ぜひ来てね♪

「10年かけて資産をつくろう! 『投資脳でつける家計簿』講座」を開催します

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク