【創作】大島康夫の日記20「キャンセルでお願いします」

スポンサーリンク

1月18日(金)晴れ

定刻の19時半になっても、誰一人現れなかった。

私は、もう新年会があってもなくてもいいので、帰ろうと思い始めていた。

すると、ドアが開き、いしざわさんが入ってきた。

「遅かったじゃん」

「え?ああ、いや、まだ私しか来ていないみたいなんですよね」

「あ、そうなの?じゃあ今日は2人か」

いしざわさんは、件の店員に声をかけると、

「すいません。38人キャンセルで、今日は2人で」

と、信じられない人数変更を申し出た。

「え?本当ですか?私たち2人で飲むんですか?」

「飲むっていうか、ハンバーグを食べるんだよ」

「はあ」

店員が、会話に入ってきた。

「お客様、申し訳ございません。当日のキャンセルはできかねますので、40人分お出ししますね」

「あ、そうなの。わかりました!」

いしざわさんは、なぜか張り切って返事をした。

「ワリカンかあ」

「え、20人分ですか?ひとりいくらなんですか」

「5,000円」

「20人分って10万円じゃないですか!無理です」

「無理かあ。じゃあ、なんとかあと38人来るようにしなきゃなあ」

「はあ。LINEとかしてくださいよ。そもそも、なんで皆さん来ないんですか」

「言っていないからだな」

私は、目の前が真っ白になって、本当に気を失いそうだった。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク