【創作】大島康夫の日記7「会社四季報」

スポンサーリンク

1月7日(晴れ)

日記も、7日目になった。

毎日晴れていることに気づいた。

記録というのは、意味がないと思っても後で色々教えてくれるのだな。

昨日は年末にやりかけていた仕事をした。

1日中忙しかったので、考え事をする暇がなかった。

帰りに、ジュンク堂に行った。

頭が疲れた日に書店に行くと、あっという間に時間がたっている。

会社四季報を買った。

「株の勉強をしてみる」という目標を立てたものの、何をしたらいいのかわからない。

平積みの四季報が目に入った。

疲れた日には、財布の紐がゆるくなる。

必要なのかどうかわからないものの、買いたくなったので手にとってレジに向かった。

帰宅して中を見てみたが、よくわからない。

これを全部読めばいいのだろうか。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク