ネガティブな反省をやめて、前向きな振り返りをしよう

スポンサーリンク

振り返りを後ろ向きの反省だと思っている人が多い

「振り返りをしよう」

そう言われたら、何を思いますか。

「過去を振り返ってもしょうがないでしょ」

「なんか後ろ向きな感じがする」

「私、反省が嫌いタイプなんで」

そんな人も多いですかね。

とってもわかります(笑)

なんか、萎えますよね。

でもそこには、少々の誤解があります。

振り返りは、反省することではありません。

内省です。

内省と反省はほとんど同じ

では、内省とはなんでしょうか。

よく似た言葉である、「反省」とは違うのでしょうか。

日本国語大辞典によると、

反省は、

(1)自己の過去の言動についての可否、善悪などを考えること。自分の行為をかえりみること。
(2)心理学などで、単に外的事物を認知するだけでなく、すでにもっている経験・知覚・観念の関係に注意し、問題の解決を求めて思考すること

です。今回の話題でいうと、(1)が関係してきそうですね。

対して内省を引くと、

自分の思想、言動などを深くかえりみること。反省。哲学では、自己意識についての反省的思考を意味し、心理学では内観と同じに用いられる。

とあります。

反省と、よく似ていますね。

そして、内省の項には「反省」ともあります。重なっている部分があることがわかりました。

もう少し深掘りするために、内省の項にある「内観」を引いてみましょうか。

内観とは、

(1)仏語。自分自身を内省して、仏性・仏身などを観ずること。観心(かんじん)。

(2)自己の内面を観察すること。内省。

(3)({英}introspection の訳語)

心理学で、自己の意識現象を意図的計画的に観察すること。内省。自己観察。

おお、この内観という言葉はいいですね。

いいとか悪いではなく、自らを観察するのか、なるほど。

僕たちは、反省会をすると、なぜか欠点だけの話をしてしまいます。

とても不思議ですが、そうプログラミングされているようです。

このブログでいう「振り返り」は、ダメだったことを改める目的で行う反省とは、全然違います。

むしろ、できなかったことなんてどうでもいいんですよ。

反省でも内省でもいいので、まずは、できたことに焦点を当てましょう!!!

内省には紙の手帳・ノートがいい

内省をするには、何を使えばいいでしょうか。

ここでは、紙の手帳またはノートを提案します。

今後、生まれた時からPCやスマホだけを使う時代になるかもしれません。

しかし、今生きているほとんどすべての人は、小学校の授業ノートを手書きでとってきたはずです。

だから、身体性をともなった「書く」は、手書きのことなのです。

今後、テクノロジーの進化によっていろいろ変わってくるかもしれませんけどね。

現状は、手書き最強なので、「スマホでよくね?」みたいな人は甘いですよ〜。

ジブン手帳で振り返り

僕は、ジブン手帳で内省をしています。

ジブン手帳は、コクヨから出ている三分冊の手帳。

メモページ(IDEA)がなくなってもどんどん差し替えられます。

また、週間バーチカルの幅が最高なので、行動記録を残しやすい!

バーチカル型というのは、こういうやつのことです。

ここには予定は一切書かず、行動のログを残しています。

それを元にして、翌朝振り返りをします。

「振り返りをしたいけど、どの手帳を買えばいいかわからない」という方には、おすすめです。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク