社会学史(大澤真幸)読了。読みたい本、増えた。

スポンサーリンク

9月27日の読書。

大澤真幸の『社会学史』を読了した。

created by Rinker
講談社
¥1,512 (2019/10/15 23:58:04時点 Amazon調べ-詳細)

「おわりに」まで入れると632ページある新書だ。

一度中断していたのだが、最近また読み進めて、昨日ようやく読み終えた。

セミナーの資料として読んだ

最初は、自分のセミナーのアイデアを増やすために読み始めた気がする。

気がする、というのも、実は、はっきり覚えていないのだ。

だが、最初から順に読まずに、あえて中盤のマルクスの章から読み進めたことだけは覚えていて、わたしは通常そういう読み方はせずに最初から最後まで読むので、何か「使おう」としていたと思われて、最近は「投資脳note」を書き進めたりもしていないので、おそらく使ったとしたら、Soreo(セミナー)なのだろう。

セミナーの内容は、はっきり覚えていて、おもしろいことに、マルクスなど出てこない。

出てこないし、昨日最後にもう一度マルクスの章に戻って少し読んだが、ほとんど初見のような感触だった。

線は引かれているので確実に読んだのだろうし、その線は黄色のダーマトグラフで引かれていて、それはちょっと前まで出先に持って行っていたものだったので、外でも読んだということになる。

読んだ内容も思い出せないし、セミナーにも反映させていない。

人は読んだものでできている

では、結果的にセミナーと無関係だったのかというと、実際はおそらく逆で、あのセミナー(ディープ・ソレオ「いしざわさん、最近の世の中や株について、どう考えているんですか」)は、「『社会学史』を半分程度読んだわたし」がやったセミナーであって、人は読んだものでできているので、もしわたしが『社会学史』を読んでいなかったら、おそらく違う内容のセミナーになったのではないだろうか。(読まなかった場合の未来は検証のしようがないので、証明することはできないが、確実に変わっていたはずだ)

『社会学史』を読み、わたしはたくさんの読みたい本ができた。

元々の知識が少なかったので、例えばルーマンやフーコーがどんなことを言った人なのかも知らなかったし、「社会学理論の頂点」だということももちろん知らなかった。

Amazonで調べると、ルーマンの入門書は新書にはないらしいので、ちょうどいい本を探してみようと思う。

また、ヴェーバー、ロック、ルソー、ホッブス(順番がグチャグチャだが、思いついた順なのでこのまま書く)は、まずは新書を入門書として使うのが良さそうで、先にこのあたりを読んでから、彼らの著作に移るか、ルーマンについての本を読むかして、どの道に入っていくかを決めてもいいかもしれない。

といった調子で、いい本を読むと、読みたい本が増える。

反対に、つまらない本を読んでも、読みたい本は増えない。

新書は1500円でも高くない

本書は大澤真幸が書いた入門書で、しかも講談社現代新書であるから、読む前から質は担保されているようなもの(それでも批判的思考は失ってはいけないのは、言うまでもないが)だったが、それにしても読んでよかったし、買ってよかった。

600ページ以上もある本なので、新書にしては高い。

1500円以上した気がする。(値段を調べるのは簡単なのに、それすらしない。わたしのような人間は、研究者にもなれないし、ライターにもなれない。ということがわかっているなら調べればいいのだが、このまま書き進めるほうが重要な気がするので、調べない。こういうのを、怠惰と呼ぶのだろう)

では、この1500円が本当に高いかというと、とても安い。

サラリーマン向けに書かれたハウツー本や自己啓発書は、これ以上の値段だ。

そして、そんな本たちを読んでも増える知識は数行で表現できる程度で、それ以外に得るものは「モチベーションアップ」と「読んで何かを得た感」だ。

わたしは、「これを読むのが良くてあれを読むのが悪い」みたいなことを言うつもりはなくて、単純に、研究者が書いた新書、それから古典と、サラリーマン本は、同じ「本」ということになっているが、まったく違う商品なのではないかと考えている、というだけだ。

だから、最近は、「趣味は読書です」と言われても、読んでいる本がサラリーマン本ばかりの人とは、それ以上本の話をしないとようにしている。

お互いに、時間の無駄だからである。

ということで、『社会学史』は、わたしの中では、とても安い。

おそらくいつか、もう一度通して読まないともったいない本で、読んだらまた初見に思えるのだろう。

created by Rinker
講談社
¥1,512 (2019/10/15 23:58:04時点 Amazon調べ-詳細)

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク