すごそうなブログ 大人が変身をしてお金と知識をふやして幸せでいるための情報を発信するブログ

「手帳を使う」という意識を捨てよう

未分類


今回は、「手帳を使う」という意識を捨てようという話です。

「手帳を使う」では続かない

東急ハンズやロフトに行くと、たくさんの手帳が並んでいます。

どれも、とても魅力的で、欲しくなります。

種類、多すぎますよね。

どれを選んでいいかわかりません。

そして、手帳は多機能すぎます。

たくさんのフォームが用意されていて、何でも書けますよね。

逆に「ほぼ日手帳」などは、フォームでガチガチにしばるというよりは、「何でも書いていいよ」という自由度が高いつくり。

どちらのタイプも、初心者にはハードルが高いんですよね。

人間は、「すべて」はできない

先日、運営している101年倶楽部で、ビジョンボードをつくりました。

誰しも、健康、人間関係、お金、時間など、全分野に達成したいことがあるものです。

でも、フォーカスをしました。

「今やるべきことは何なのか」を明確にすることによって、人生を前に進めるというアプローチです。

人間は、たくさんのことができません。

それと同じで、手帳にも仕事をさせすぎないことが重要です。
(手帳も、人間が書くものだから)

ちなみに、スマホなどのデジタル機器は、たくさんのことをするのが得意です。

たくさんやりたい人は、スマホさんにお願いしてみましょう。

あなたは何をしたいのか

「なぜ手帳を使うのか」
これに答えが出せれば、問題の8割は解決します。

手帳を使うのではなく、目標を管理する、日記を書く、スケジュールを管理する、時間の使い方をうまくするなのです。

それさえわかれば、得る情報が決まってきます。

手帳の使い方特集を読んだとしても、自分が求める方向の例しか気にしなくていいのです。

時間の使い方をうまくしたいのに、イラスト日記の例を見て「こんなのできないなあ」とか悩むの、おかしいですよね(笑)

何がしたいかわからない場合、手帳は買わないほうがいいのでしょうか。

そうは思いません。

もしあなたが人生を前進させたいのなら、手帳を使うことは有益です。

そのなかで、「どんな使い方がもっとも有益なのか」を問うべきだよ、という話。

初心者におすすめの「週末野心手帳」

目的が定まっていないし、いきなりがっつりしたのは無理。

そんなあなたには、「週末野心手帳」をおすすめします。

ブロガー・作家のはあちゅうさんと、NEXT WEEKEND代表の村上萌さんが共同プロデュースした手帳です。

『Weekend Wish Diary 週末野心手帳 2018』は、
自分の小さな野心(wish)をかなえていくというコンセプトのもと、
「ウィッシュリスト」や「自己分析&ビジョンマップ」「2017年の野心」の書き込みなど、
スケジュール帳としてはもちろん、目標を達成したり夢をかなえたりするツールとしても
活用できる新しいカタチのダイアリーです。(Amazon紹介ページより)

1日ごとの欄がある(習慣化できる)

ざっくり管理できる(時間の目盛はないが、そこが逆にいい)

ので、手帳初心者にやさしい手帳です。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■noteでも情報発信中!フォローしてね