遊戯王についてわかったこと

スポンサーリンク

長井くんに色々教えてもらって、遊戯王がどんなゲームなのかということが、少しずつわかってきている

わたしは、「サイバー流の後継者」というストラクチャーデッキを購入した

YouTubeを見ると理解が深まるらしいので、いくつか「サイバー流の後継者」についての動画を見た

難しい

徐々に、何が難しいのか分かってきた

「効果」だ

効果というのは、このカードが発動したら云々とか、そういう、カード固有の影響だ

自分のデッキに入れたカードについては、そこに書かれていることを、隅から隅まで頭に入れる必要がありそうだ

そのあたりを考えると、対戦相手が友人・知人である場合を除いて、相手のデッキの特徴が分からないわけだから、手の読みようがない

と、今は感じているが、熟練していったら違うことを思うかもしれない

この遊戯王というゲームにおいては、強いカードをいかに召喚するかというのが大事のようで、その強いカードは、召喚するためにいくつもの条件を満たさねばならず、つまりは自分のデッキに入っているカードを熟知していないと、強いカードを呼び出すまでの手順が作れない

カードの記載内容を読み込む必要ありだが、問題がある

字が小さい

老眼なのだろうかと、初めて思った

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク