雑記帳のつくりかた講座をやります。

スポンサーリンク

3月24日に、雑記講座をやることにしました。

みんな同じ表現をする

Twitterなどを見ていると、「みんな同じことばっかり言うなあ」と感じることがあります。

言っている内容だけでなく、言い回しすら同じだったりしますよね。

例えば、ある意見に同意するとき。

首がもげるほどうなずいた

共感しかない

100%同意

この手の表現を目にするたび、わたしは多少の違和感を覚えます。

本当?

「○○という点については同意するが、あえて言うなら××の点では、わたしは違う意見を持つ」のではないの?

と。

首がもげているうちの何割かの人は、思考停止状態に陥っていないでしょうか。

自分の言葉、自分の考え

なぜ、こんなことが起こるのでしょうか。

なぜ、自分の言葉ではなく、どこかで見た表現を使って安心してしまうのでしょう。

それは、そもそも自分の言葉を持っていないからです。

それでは、自分の言葉とは何でしょうか。

自分の言葉とは、自分の考えです。

わたしたちは、言葉でものを考えますよね。

首がもげている人は、考えることをせずに、テンプレート的な言葉を、ぺたっと貼り付けているのと同じです。

たしかに何かを言った気になるし、もしかしたら「いいね」もつくかもしれません。

でも、もったいないですよ。

たんなる、言葉の消費者。

まずは書け

どうすれば自分の言葉を獲得できるのか。

わたしは、まずは手元のノートに書き散らすことを提案します。

「雑記」です。

雑記を書きながら、考えましょう。

書いていくうちに、自分の語彙の乏しさに愕然とするかもしれません。

そこがまた、チャンスです。

まともな言葉に触れていない、つまり、読んでいる本が悪いのかもしれないと考えられます。

「いい本を読みたい」という気持ちになることでしょう。

まずは、どんなノートでもいいので1冊用意しましょう。

雑記講座やります

というようなことを考えていて、普段わたしがやっていることを講座にしてみようかしら、と思い立ったんですよ。

まずは大々的にではなく、小規模に始めてみます。

このブログを読んで興味を持ってくださった方、ぜひいらしてください。

■講座概要

タイトル:Soreo101「自分の言葉で話せる人になりたい人は、『雑記』を書こう」

日時:3月24日(日)13:30-15:30

場所:渋谷

内容:雑記帳の書き方

申込:下記リンクよりお申し込みください。
Soreo101「自分の言葉で話せる人になりたい人は、『雑記』を書こう」

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク