お金がない会社員は、投資をしても意味がない?→あります

スポンサーリンク

お金がない、資産が少ない人は、投資をしても意味がない。

増えても微々たるものだ。

よく、そう言われますね。

例えば1万円しかお金がなくて、それを投資して、2倍になっても2万円。

しょぼすぎて、意味がないように思えます。

しかし、その考えは、間違いです。

意味は、大いにありますよ。

お金が増える体質になる

そもそもお金がないのは、お金が増える体質ではないからです。

お金が増える体質の人は、大きな出費でお金が無くなっても、またすぐにお金が増えます。

ずっとお金がない人は、お金が増える体質になっていません。

では、その体質はどうやってつくるのか。

お金が増えるような行動に慣れることです。

だからこそ、少額でもよいので、投資行動をしたほうがいい。

つまり、お金がない会社員が投資をする意味は、体質改善にあるのです。

100円増やすことができれば1,000円増やすことができます。

投資元本を増やせばいいからです。

脳が完全にそのことを理解すれば、あとは自動的に利益を出すべく行動するはずですし、出た利益は投資に回すようになるでしょう。

少額でよいので、投資しましょう。

さて、始めやすい少額投資について話しましょう。

投資信託の積立ですね。

なんと、100円からできます。

お金がないと言っている人も、100円なら捻出できますよね。

証券会社に口座をつくる

投資信託の積立設定をする

これだけです

口座開設は無料なので、はじめの一歩としてやってみましょう。

※投資は自己責任でお願いいたします

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク