新聞スクラップもジブン手帳IDEAに集約しました!

スポンサーリンク

こんにちは、いしざわです。

今回は、新聞スクラップの話。

紙の新聞スクラップ

わたしは、2018年5月から、新聞スクラップをしています。

この時代に、紙のスクラップ。

我ながら、時代に逆行しているなあとは思っています(笑)

やり方は、簡単。

  • 週末にまとめて作業する
  • 重大ニュースではなく、自分がおもしろいと思った記事を選ぶ
  • 1日1記事しかスクラップしない

というルールを設けて、続けられるようにしています。

始めた当初は、専用のスクラップブックを使っていました。

このルールにしてよかったなあと思っています。

負荷が少ないだけでなく、「どれにしようかなあ」と真剣に考えるんですよ。

これはこれで、結構いい。

存在感もあるし、後で見返すときにも自分が編集した雑誌を見ているようで、とても楽しいです。

雑ノート

今年に入ってから、やり方を変えました。

わたしは、「自分だけの知識をつくる」というコンセプトで、「雑ノート」、いわゆる雑記帳を作り始めました。

自分だけの知識をつくるには、経験、情報、資料を一か所に集めることです。

そこで、思い切って、新聞スクラップも雑ノートに集約することにしたのです。

雑ノートは、コクヨのCampusノートでやっていて、最初はB5、途中からはA4サイズのものを使っていました。

サイズの問題というのは、結構重要で、良く言われていることですが、小さすぎると思考が制限されてしまいます。

だから、A4を使っていました。

ジブン手帳IDEAに新聞スクラップ

さて、そんなわたしですが、最近、またサイズを変えました。

ジブン手帳の分冊メモページ、「IDEA」を雑ノートとして使うことにしたのです。

わたしにとって、ジブン手帳のライフログは、代替がききません。

雑ノート上で、手書きで24時間バーチカル(縦軸が時間ー横軸が曜日・日付)をかいたとしても、ジブン手帳の質は再現できないからです。

こんな完成度は、無理!

ジブン手帳は使い続けるのです。

だったら、雑ノートのほうを、ジブン手帳の近くに寄せたらおもしろい!

そんな発想から、スクラップもIDEAでやってみようと思ったのです。

A4から、A5スリムにサイズが変わったわけですから、同じように新聞を切り抜いても、うまくいきません。

何重にも記事を織り込まなければならないのだったら、後で見返したときに、開かなければ、肝心の記事タイトルが見えないことになってしまいます。

それは微妙です。

そこで、わたしは、記事全文を貼らないという決断をしました。

いわゆる、リード文と図表のみを切り抜く。

また、見出しも手書き。

見出しというのは結構大きいので、それを切り抜くと結局織り込むことになってしまいます。

  • 見出しを転記する
  • リード文を切り抜いて貼る
  • 理解を助ける図表があれば、それも切り抜いて貼る

こんなやり方で、ジブン手帳の中に、新聞スクラップも集約することに成功しました!

▼たとえばこの記事を、

▼こういう風にスクラップ

ちなみに、ジブン手帳のIDEAは、無くなり次第、2冊セットで追加購入ができるので、とても便利です。

スクラップ、楽しいうえに、だんだん世の中のことがわかってきます。

興味ある人、やってみてくださいね。

created by Rinker
コクヨ(Kokuyo)
¥920 (2019/11/12 10:54:58時点 Amazon調べ-詳細)

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク