「まだ言葉にできない」は「考えていない」のと同じことである

スポンサーリンク

こんにちは、いしざわです。

今回は、「考えを言葉にするということ」の話。

感じていること。それは確かに、完璧には言葉になりませんよね。

嬉しさとか痛さとか。

でも、考えていることは言葉にできなくてはおかしいのです。

先日読んだ『文章の話』(里見弴)に、こんなことが書いてありました。

「そりゃあ、君、なんだよ、……そりゃアね、なんてったらいいか……」そこで、額を指先で叩くとか、目をつぶるとか、要するに、むずかしくものを考え込むような顔つきをしながら、「よくわかってるんだけど、……なんと言ったらいいのかなァ、どうも、うまい言葉がみつからないんだけど……」
こんなことでごまかされてはいけません。あたまのなかによくわかっていることが、どうして言葉に言えないわけがありましょう?言葉以外に、思想を組み立てているものはないのですから、「よくわかっていること」なら、すぐ「すらすら言えるはず」です。

おもしろいですねえ。

前提条件として、人間は言葉で考えている、と。

たしかに、前述の感覚以外のいわゆる思想は、言葉でつくられます。

そして、現在、言葉にできていないのであれば、それは考えが完了していないということだということですね。

なるほど、その通りです。

「思想は固まっているのに言葉という記号にならない」のではなく、「考え抜いていない」だけなんですねえ。

こういった誤った自己認識(考えていると思っている)は油断すると、陥りがちです。

里見弴は、この点について、かなり強い表現で警鐘を鳴らしています。

ごまかし、その場のがれ、負惜み、などの気持ちが、言葉の裏にもやもやしているだけです。一生涯、これに類する口のききようは、お互に、断じてしないことにしようではありませんか。

いやあ、きついですねえ(笑)

でも、それくらい意識してはじめて「考え抜く」習慣ができるのかもしれません。

私も、深く考える人間になりたいものです。

『文章の話』、他にもおもしろい話がたくさん出てくるのでおすすめです。読んでみてください。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク