計画、予定という「自分との約束」を守る方法

スポンサーリンク

「計画・予定」という「自分との約束」を守れるようになってきた話。

少しずつ進化中。

自分との約束を守れないわたし

わたしは、立てた計画を実行するのが苦手だ。

朝に1日の時間の使い方をバーチカルの手帳に書き込んでも、その通りにできない。

午前中で未達が確定して、途中からどうでもよくなってしまう。

そもそも、計画というか予定の立て方がうまくないのだ。

目標とか計画というのは、自分自身との約束だ。

わたしは、自分自身に対して、できないことを約束していた。

いや、それだけではない。

約束を守らなくてもいいと思っていたのかもしれない。

これは、よくない。

15分後の約束なら守れる

最近になって、わたしは自分との約束を守れるようになった。

なぜできるようになったのか。

それは、できることしか約束しなくなったからだ。

あわせて、「約束したからには、守る」という原則を大切にすることにした。

わたしは、自分がどのくらい先までの約束なら守れるのかを考えた。

1日の計画を立てても午後にはなし崩しになるのだから、半日先の約束は守れない。

まずは小さなハードルからにしようと、15分後の計画だけを立てた。

5時間後に設定された「ブログを書く」は守れないわたしだが、15分後のそれなら守れることがわかった。

1ヶ月くらいそれを繰り返した。

最近になって、わたしは1時間くらい先の約束まで守れるようになってきた。

約束の仕方というか、計画の立て方がうまくなったのかもしれない。

ジブン手帳Biz

この一連の「約束」に、わたしはジブン手帳 Bizを使っている。

この手帳は24時間バーチカルなので、1週間分とか1日分の予定をあらかじめ書き込む使い方が普通かもしれない。

しかしわたしがジブン手帳Bizに書くのは、基本的に15分後(今は1時間後)の予定だけだ。

なぜなら、先の約束を守る実力がまだないからだ。

(打合せの予定など、絶対に守れるものは数日先でも書き込んでいる)

わたしの「約束時間」は、どんどん伸びているので、数ヶ月後には1日分を書いても大丈夫かもしれない。

【自分との約束を守る方法】

  • 人にはそれぞれ、「どれくらい先の約束まで守れるか」という「約束時間」がある
  • 理想の「約束時間」を前提にした約束は、守れないどころか「守ろう」という気にすらならない
  • 頑張れば守れる「約束時間」を設定することで、「何もしなかった」にはならないので、結果的に案件は進む
  • 少しずつ「約束時間」を伸ばしていけば、計画どおりに実行できる人間になれる

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク