僕が手帳ブログを始めようと思った理由

スポンサーリンク

今回は、僕が手帳ブログを始めようと思った理由。

自信がなかった

僕はずっと、自信がありませんでした。

もちろん、得意なことだってあります。

だから、「何をやってもうまくいかない」と思っていたわけではありません。

でも、とにかく自信はなかったんですよ。

例えば会社員時代、やった仕事で高い評価をもらっても、「すごい」と言われても、自信は生まれませんでした。

(そんなにすごくないから)

常に、そう思っていました。

また、株式トレードで生活するスキルがついても、それは安心にはなりましたが、自分そのものに対しての自信とは違っていたのです。

一定の価値があるのはトレードスキルであって、僕そのものは本当にしょぼい。

そんな感覚でした。

・「努力をして成し遂げた」と言えるものがない

・「本当にやりたいこと」がない

・頭の回転が遅い

・どこに行っても、人から嫌われる

僕の頭は、こんなコンプレックス達に支配されていました。

まなびと出会った

そんなとき、僕は「まなび」というものに出合いました。

教育事業に携わっていたんです。

その時期に、

僕たちがしてきた「勉強」は、時代遅れであること(つまり、僕たちは皆、古い学習観を持っていること)を知りました。

人生を豊かにする、まなび。

僕はある日、「これは自分の人生にも必要じゃないか」と気づきました。

まなぶことの重要な行動の一つに、「振り返り」があります。

自分自身を客観視して、成長を実感し、さらなる成長の意欲とアイデアを獲得するプロセスです。

僕は、振り返りをやってみることにしました。

ジブン手帳で振り返り

振り返りについて考えました。

振り返るためには、その材料が必要です。

僕は、まなぶために手帳を使うことにしました。

元々手帳難民。買うのは好きでした。

毎年何冊も購入するものの、続かず放置することも多々ありました。

そんな僕が、唯一1年間使えたのは、ジブン手帳でした(2015年)。

僕はジブン手帳を、記録に使うことにしました。

一年間、ジブン手帳で記録と振り返りを繰り返しました。

すると僕は、少しずつ自信を獲得していったのです。

自信なんて、30年ぶりです(笑)

「やりたいこと」も出てきました。

大事にしている価値観もわかってきました。

とにかく幸せです。

2018はもっと使い方を進化させて、目標達成やお金の使い方改善にも役立てるつもりでいます。

僕は、この経験を人に伝えていきたいと思い始めました。

そしてこのブログをはじめることにしたのです。

みなさん、よろしくお願いいたします。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク