ドカベン世代のドラフト

スポンサーリンク

今回は、山田太郎が指名されたドラフトについて書く。

ドカベン世代のドラフト

1994年(平成6年)11月。

ドカベン山田太郎が目玉のドラフト会議が行われた。

新聞(スポーツチャンピオン)でも、ドラフト特報として、明訓の選手たちの特集が組まれた。

山田、里中、岩鬼、殿馬。

各1面が割かれている。

1つの高校から、4名もが個別に特集をされている。

すごいことだ。

さらに、実力的には、微笑の特集があってもよいくらいだ。

この、微笑を加えた5名がいた明訓。

強いわけである。

プロに行くかもしれない選手が5人、ではない。

プロ野球の顔になる可能性がある選手が5人、である。

さて。ドラフト。

目玉の山田太郎は、なんと12球団中、10球団が1位指名をすることになった。

とんでもない選手である。

そして、もうひとりとんでもない選手がいた。

岩鬼正美である。

山田を指名しなかった2球団とは、巨人とソフトバンクで、監督は長嶋茂雄と王貞治だ。

ONは、揃って岩鬼を指名。

世界のホームラン王と、かつて松井秀喜を指名したミスタープロ野球が、そろって山田ではなく岩鬼。

岩鬼という選手が、いかに特別であるかを物語るエピソードではないだろうか。

created by Rinker
¥440 (2020/07/07 17:46:28時点 Amazon調べ-詳細)

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク