ドカベン名勝負(高2秋)

スポンサーリンク

ドカベン名勝負。

神奈川県大会

高2秋の神奈川県大会。

東海戦。

40kgのダイエットに成功した雲竜。

その雲竜が初回にホームランを放つが、山田の逆転2ランで明訓の勝利。

「命をかけた雲竜」という点では壮絶だが、試合自体は平凡かもしれない。

白新戦。

明訓が香車の足で先制。

毎回不知火のワンマンチームである白新だったが、この試合は浦がホームラン。

逆転して勝利まであと1イニング。

ところが岩鬼の満塁ホームランで勝負あり。

不知火の打倒明訓は、またもやならず。

しかし、打倒山田は果たした。

4打席連続三振。

完璧に封じ込めたのだ。

前回対戦でも山田封じは成功したが、最後にセーフティーバントで内野安打されていた。

今回は、それを上回る山田キラーぶりだった。

山田がまったく蚊帳の外だったという点においては注目すべき試合だったが、それが名勝負であるかどうか、微妙である。

関東大会

高2秋の関東大会。

中山畜産戦。

高校野球のおもしろさがすべて詰まった試合だ。

高校野球は一発勝負で、同じ相手と何度も戦うことは稀だ。

武器を隠し持っている可能性もある。

監督は、中山農機の社長。

この試合、中山監督は、ビジネスの才覚を、野球の采配にフルに活かし、2点を先制。

長身左腕の脇坂、ソフトボール投げの綱吉ときて、最後に本格派新山(しんざん)という継投も、明訓を苦しめた。

肩を負傷した代打豊富の同点ホームランは、壮絶だった。

そんな好試合を決着させたのは、山田のサヨナラ場外ホームラン。

山田太郎は、特別である。

大熊谷高校戦。

4回コールド、10対0。

岩鬼、ワンバウンドのボールを場外ホームラン。

好投手の河地だったが、まったく通用せず。

わたしは、明訓の強さを思い知った。

日光学園。

好投手、火野。

初回コールド、11対0。

大熊谷戦に続き、明訓が最強であることを印象づける試合だった。

決勝の相手は、下尾。

強打者の仁又四郎が四番を打つ。

結局、全打点を山田と仁が叩き出し、試合は6対2で明訓が勝利。

恐ろしいのは山田太郎で、なんと4打席連続ホームランだった。

ちなみにこの試合、里中は負傷のため投げられず、渚が完投した。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク