巨人学園戦の里中智のピッチング。最後まで本塁を踏ませず、完封。

スポンサーリンク

巨人学園戦の里中智のピッチング。

一球、三球士対里中

完封。

要所を抑えた。

巨人学園には、1回戦の室戸学習塾、2回戦のりんご園農業と大きく違う点がある。

それは、実力者が複数いることである。

室戸は犬飼知三郎、りんご園農業は星王。

このふたりをどう抑えるかだけが論点であった。

しかし、巨人学園は違う。

真田一球を抑えても、堀田、一角、司といういわゆる「三球士」がいる。

そして、何をするかわからない九郎さんが四番だ。

こんな気の抜けない相手に対し、里中は力で勝負する。

特に真田一球に対しては、初回にセーフティ・バントを決められるものの、要所で直球勝負をし、討ち取った。

一角や堀田にもヒットを許したが、最後まで本塁は踏ませず、完封。

この試合、明訓は1−0でサヨナラ勝ちするが、勝因は間違いなく里中の快投だ。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク