ドカベン名勝負(高2夏その1)

スポンサーリンク

ドカベンの名勝負を選ぶ。

3回目。

今回は、高2夏その1。

東海

予選の初戦、相手は東海。

怪我で不在の里中に代わり、渚が先発。

山田も怪我をしている。

対する東海も、雲竜が腕を痛めていた。

先発は雪村。

雪村という選手はおもしろい。

平凡な投手でありながら、存在感がある。

平凡とは言ったものの、それは不知火や里中と比較した場合の話であって、県トップクラスの好投手なのだろう。

終盤、里中が登場。

雲竜も山田の打席に登板。

しかし、ドカベンの壁は厚かった。

腕を痛めた状態で、バットを折りながらホームラン。

大逆転で明訓の勝利。

決していい試合ではないが、高校野球らしい試合だった。

白新

東海戦に続いて、白新戦。

読み返してわかったのだが、不知火は、この大会から化けた。

それまでの不知火とはレベルが違う。

事実、明訓と戦うまで2試合連続の完全試合。

その勢いは、明訓との試合でも止まらず。

山田太郎に対しては、新球「超遅球」が炸裂する。

この試合、山田のヒットは、まさかのセーフティーバントの1本だけ。

不知火という選手は、完璧な投手だ。

豪速球だけでもすごいのに、この超遅球のような変化球(あえて変化球と呼ぶ)も一級品だ。

実在の選手でいえば、松坂大輔のようなタイプなのだろう。

不知火は、9回まで完全試合を継続も、延長10回、ついに失点。

岩鬼の死球、殿馬(秘打)内野安打、山岡送りバント失敗、山田(セーフティーバント)内野安打で1死満塁。

微笑のスクイズは小フライになるも、ダブルプレイ成立前に岩鬼がホームイン。

(不知火は小フライをとって1塁に投げ、山田はアウトになるが、その前に岩鬼がホームインをしていた。白新ナインがファウルラインを越えた瞬間、得点が成立)

いわゆる「ドカベンルール」で勝負が決まった。

不知火は、わずか2安打で敗れた。

里中は、完全試合男の不知火と真っ向から投げ合い、見事にノーヒットノーラン。

後にプロでも一流になるこの2人、はじめての投手戦だった。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク