選手兼監督の不知火、リリーフ登板で明訓に敗れる

スポンサーリンク

高1秋の神奈川県大会。

白新高校のエース不知火守は、選手兼監督になっていた。

「監督」不知火

すごいことだ。

3年生は夏の後に抜けるが、2年生がいる。

キャプテンになることすら難しいのに、なんと監督だ。

15歳か16歳の少年が、である。

なぜそんなことが起こったのか、わたしには分からない。

分からないが、実際に起こったのだから、その「現実」は受け入れなければならない。

そして、その不知火監督は、里中が不在で、岩鬼、殿馬、山田が投げる明訓に敗れた。

なぜか、不知火は先発せず、リリーフ。

長いイニングを投げられない事情があったのだろうか。

だとしても、本塁打を打ったことから分かるように、野手として出場する選択肢もあったのではないか。

不可解だ。

夏には義眼だった不知火は、父親からの眼球移植の手術を受け、弱点を克服してきた。

それでも明訓には勝てなかった。

勝てなかったのだが、最初から投げていれば勝っていたのではないかと思ってしまう。

監督にもならないほうがよかったのではないか。(「近藤の先発」は、不知火監督の采配ミスだ)

それにしても、里中しか本職の投手がいない明訓の、なんと選手層の薄いことか。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク