『ドカベンドリームトーナメント編』こそ、真の「プロ野球編」ではないだろうか

スポンサーリンク

ドカベンプロ野球編、スーパースターズ編を経て、最後の「ドリームトーナメント編」を読んでいる。

わたしは、「プロ野球編は、言われているほどつまらなくないのかもしれない」という意味のことを書いた。

しかし、「ドリームトーナメント編」を読み始めた今、その意見を取り下げたくなってきている。

「ドリームトーナメント編」は、おもしろいのだ。

緒戦、新潟ドルフィンズ。

岩田鉄五郎、新田小次郎、岡本慶次郎。

野球狂の詩』、『光の小次郎』、『おはようKジロー』に登場する魅力的なキャラクターが、明訓四天王と激闘を繰り広げる。

たまらない。

これぞ、水島野球漫画だ。

かつて、『大甲子園』で味わったワクワク感が蘇る。

こういう試合は、プロ野球編やスーパースターズ編でなかった。

中西球道、真田一球(そして一瞬岩田鉄五郎)も登場したのだが、それはあくまでも『大甲子園』の延長で登場していいことになっていただけなので、「あの作品の主人公も出るのか!」という感動をともなわない。

『ドリームトーナメント編』は、違う。

「え、新田小次郎と山田太郎の対決?み、見たい!」

水島新司ファンならぜひとも見たい対決である。

続きが楽しみだ。

それにしても、光の小次郎、速かった。。。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク