りんご園農業戦の里中智のピッチング。星王に打ち込まれた。

スポンサーリンク

里中智のピッチング、今回は二回戦。

りんご園農業戦を振り返る。

星王に打たれた里中

星王、先頭打者のホームラン。

その後も打ち込まれ、なんと初回だけで4失点。

里中の握りを見極めた星王が、投げる直前に、他の打者に球種を教えていたのだ。
(王鈴、旭など、りんごの品種を叫んで球種を教えた)

山田の攻守がなければ、もっと取られていただろう。

その後、殿馬が、球種を読まれていることを見抜いたため、星王以外は里中を打てなくなる。

二回、星王が2打席連続となるホームラン。

里中5失点。

他の打者は、寄せつけない。

3回から9回まで、里中は0に抑えた。

9回5失点。

星王の2発と、球種を読まれた初回の連打。

星王ひとりにやられたと言っていいだろう。

試合は、岩鬼、山田という、のちにプロ野球を代表する強打者ふたりの打力でひっくり返した。

この試合に関しては、里中の投手力は勝因ではない。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク