『日記をつける』を読み始めた。わたしは日記を書いていない。

スポンサーリンク

11月11日から11月13日の読書。

あまり読んでいない。

ブログを更新しなかったのは、読んでいないからではない。

朝起きなかったからだ。

遠い触覚、日記をつける

11月11日。

終日、外出。

ジブン手帳によると、家での読書をしていない。

電車の中で、『遠い触覚』を読み進める。

持ち運ぶなら文庫のほうがいいのだが、気分で『遠い触覚』になった。

11月12日。

荒川 洋治『日記をつける』を読み始める。

11月18日に、ゆるまじという対話会をやる。

そのテーマが「自分のために書く」なので、その準備も兼ねている。

兼ねているが、大部分の動機は「楽しそうだから読む」のだ。

11月13日。

引き続き『日記をつける』。

読みながら思い出した。

わたしはジブン手帳IDEA(分冊メモページ)に日々の振り返りを書いている。

それは、日記に似ている。

似ているが、日記ではない。

振り返りだ。

何が言いたいかというと、わたしは日記を書いていないということだ。

書いていないし楽しそうなので、日記を書いてみたい。

(このブログは「読書日記」というカテゴリーに分類しているが、それは厳密にいえば日記ではないのかもしれない。)

ということを考えながら、『日記をつける』を読み進めている。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク