わたしとドカベン

スポンサーリンク

わたしは小学生のころ、漫画『ドカベン』が大好きでした。

大げさでなく、毎日毎日、単行本を読んでいました。

わたしが物心ついたころには、とっくに連載終了していた作品ですから、「昔の漫画」として。

そのドカベン、平成7年に『プロ野球編』として新たな連載が始まりました。

わたしは、「ついにドカベンがリアルタイムで読める」と、とてもワクワクしたことを覚えています。

野球、とりわけ甲子園の楽しさを教えてくれた『ドカベン』のプロ野球編。

つまらないわけがない。

そう思って、読みはじめました。

プロ野球編はつまらないのか

1巻は、ドラフト会議のシーンで始まります。

山田や岩鬼ら明訓高校の主力選手の今後を左右する場面ですね。

当時、読んでいてさらにワクワクしたことを覚えています。

たった今再読しましたが、そのおもしろさは変わりません。

やはり、ドラフトのドラマは人を惹きつけるのですねえ。

今さらっと「再読した」と書きました。

実はわたしは、当時、『プロ野球編』を完読していません。

前半(何巻だったか不明)で、読むのをやめてしまったんですよ。

飽きてしまったのです。

あれだけ好きだったドカベンに、飽きている自分。

いったい何が起きたのだろうと、とても奇妙な感覚に襲われました。

先日、たまたまテレビで日本シリーズを見ていたとき、ふと『ドカベン』のことを思い出しました。

今読んだら、おもしろいのかもしれない。

なぜかわかりませんが、そんな気がしました。

そこで手元になかったプロ野球編を取り寄せ、今こうして読みはじめているのです。

1巻は、やはり面白かったです。

このあと、どうなるでしょうか。

わたしは『ドカベン』の世界を楽しんでみようと思っています。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク