すごそうなブログ 大人が変身をしてお金と知識をふやして幸せでいるための情報を発信するブログ

わたしは『ドカベン』の世界の中に入り込んで読む

ドカベンの研究

わたしはこのブログで、『ドカベン』について書くことにした。

ドカベンに入り込む

何を書くかというと、「ドカベンの世界の中に入り込んだ体験」だ。

漫画について書くといったとき、いくつかのパターンがある

  1. 謎本(『磯野家の謎』のような本)
  2. あらすじや登場人物の紹介
  3. データやまとめ
  4. 評論
  5. 最新情報

わたしは前のブログ『それおもしろいね』でも、ドカベンやドラゴンボールについて少し書いた。

そのときには、2、3、5を混ぜたような内容の文章を書いていた。

だが、どうも楽しくなかった。(さらに、読んでおもしろいものでもなかった)

何かが違う。

こういうのを書きたいわけではない。

どこかモヤモヤした感情を抱き、次第に書くのをやめてしまった。

わたしは、誤解していた。

「情報発信をしなければならない」と思い込んでいたのだ。

しかし、それよりも前にやるべきことがある。

それは、「ドカベンを楽しむ」ことだ。

わたしは小学生、中学生のころ、ドカベンの単行本を繰り返し読んでいて、とにかく楽しかった。

その体験を、今もう一度してみようと思う。

謎本的な視点は、直接描かれている以外の情報を推測によって補い、論理的に整合性がとれたら「解決」になる。

つまり、「こういう説明をすれば、この話はおかしくない」をゴールとしているのだ。

わたしの「入り込む」視点は、それとは違う。

例えばおかしな出来事も、それはそれで「起こったこと」として受け入れる。

わたしは、その体験をブログに書く。

(ちなみに評論的な視点では、漫画史における『ドカベン』の位置づけとか、技術的な話など、作品の外から読むことになる。わたしは外ではなく、中から見る)

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■noteでも情報発信中!フォローしてね