究極の手帳、ノートは存在しない。「1冊の手帳と1冊のノート」を使え!

スポンサーリンク

あなたは、手帳とノートを何冊使っているだろうか。

手帳好きの人は、何冊も持っているかもしれない。

かくいうわたしも、そのくちである。

最近は、バレット・ジャーナルなるものが流行っている。

それは自作(主として箇条書きでタスクを管理する)の手帳術なので、理屈のうえでは、手帳は1冊で済む。

にもかかわらず、バレットジャーナル派の中にも、「それ以外にこの手帳とこの手帳を使っています」と言う人は少なくない。

いったいこれは、どういう現象なのだろうか。

究極の手帳、究極のノート

もし究極の手帳、すなわち、それ一冊あれば他の手帳はいらないと言えるものがあるとしたら、それは「完璧なフォーマットのノートがついた手帳」だ。

もちろん、完璧なフォーマットというのは、使い手個々にとって最適という意味だから、人の数だけ完璧があることになる。

究極のノートも、同じ考え方で説明できる。

「完璧な手帳フォーマットを自ら描いたノート」だ。

ここまで書いてきた「完璧なフォーマット」は、具体的に言えば、紙の質(柔らかさなど)、サイズ、色、罫線、フォントのことだ。

集約ではなく、選択

どちらかをあえて選ぶなら、究極のノートの方が実現可能性が高いかもしれない。

(一瞬、システム手帳なら究極の手帳がつくれそうな気がするが、わたしはそうは思わない。後述。ここでは、綴じ手帳・綴じノートの話とする)

だが、おそらくそんなものはない。

その前段階として、「手帳とノートを1冊ずつにする」という運用が考えられる。

たくさんの手帳やノートを使っている人は、用途ごとに分けているので冊数が増えていく。

根底にあるのは、「最適な紙に書きたい(描きたい)」という欲求だ。

わたしも、1冊への集約を試みては挫折し、結果としてその立場をとってきた。

ところが最近になって、それは狭いものの考え方かもしれないと思い始めている。

「集約」というのは、本当にすべきことなのだろうか。

実は、集約ではなく、選択が必要なのではないか。

つまり、機能(およびそのためのフォーマット)のリストラである。

ひとりの人間が、予定管理、ライフログ、アイデア創出、情報収集、習慣化、タスク管理、振り返り、お金の管理、プロジェクト管理などのすべてに注力することはできない。

だから、誰にも、重要な活動と重要ではない活動があるはずなのだ。

手帳好きほどそれを忘れてしまって、フォーマット中毒になってしまって、詰め込んでいく。

それは、ある意味で不健康な手帳かもしれない。

わたしは、手帳の(わたしにとっての)最も重要な機能を「ライフログ」にする。

この選択によって、手帳はジブン手帳1冊だけになる。

そして、それ以外をすべてノートで行う。

手帳ノート各1冊体制の完成である。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク