システム手帳をバレットジャーナル的に使うことにした

スポンサーリンク

今回は、手帳の集約を試みています、という話。

バレットジャーナル

手帳好きの間で、バレットジャーナルというものがブームになっています。

バレットジャーナルというのは、フォームの決まった手帳ではなく、ノートに自分で線を引いたりして箇条書きでタスクを書き出して消し込んでいくやり方。

昨年、『ロイヒトトゥルム1917ではじめる箇条書き手帳術 もっと自分を好きになる! バレットジャーナル完全ガイド』という本が出て、わたしも購入しました。

写真がたくさんある本で、購入当時にパラパラとめくって流し読みして、「とはいえわたしには向かないな」と思ってそのままにしていました。

システム手帳でバレットジャーナル

年が明けて、手帳好きのわたしは、日に日に手帳の冊数が増えていくことにストレスを感じ始めました。

書くのは好きだけど、「毎日書かなければいけない」場所が増えるのは、なんだか縛られているような気がします。

どうにか集約したいなあと思っていたとき、『ロイヒトトゥルム1917ではじめる〜』を思い出したのです。

わたしが、バレットジャーナルは自分には合わないと考えたのは、「タスク管理」が基本だったからです。

昨年までのわたしは、ジブン手帳で「記録と振り返り」を行なっていました。

だから、「全てが1冊に」という点では魅力的でも、目的自体に興味がなかったんですよね。

ところが、わたし自身の状況が変わりました。

「記録と振り返り」に加えて、「プロジェクトマネジメント」と「タイムマネジメント」の要素も取り入れ始めたのです。

そして、それらの2要素は、前者をシステム手帳(バインダーは「クリップブック」で、リフィルはごちゃ混ぜ)、後者をジブン手帳 Bizで行なっていました。

(それ以外にも細々と手帳が増えていったのですが、思い切って損切りしました。購入費用はもったいないですが、時間のほうが大切だからです)

ということで、

  • ロイヒトトゥルム1917ではじめる〜』に書いてあることをシステム手帳でやる
  • 日記、お金の管理、週・月の振り返りをジブン手帳IDEA(分冊メモページ)からシステム手帳に移す(テスト運用なのでまた戻すかもしれない)
  • 「基本的にはすべてシステム手帳で行う
  • ジブン手帳Biz(1日の時間の使い方計画)とジブン手帳(行動の履歴)は、24時間バーチカルページだけを利用する」

と決めれば、使うのは3冊でも、使い分けの混乱が少ないのではないかという結論に至りました。
(ちなみに、「バーチカルもシステム手帳に移せばいいのではないか」と思うところまではいきませんでした。ジブン手帳が、あまりにも快適だからです)
結論というか、仮説ですね。

これから、実際の運用を通して検証していこうと思います。

▼ソレオ文学、発売中!

■『投資脳で生きる』を早割りでGETしよう!!!

▼いしざわの活動

■101年倶楽部、メンバー募集中!

■noteでも情報発信中!フォローしてね

スポンサーリンク
スポンサーリンク